美容法で改善できる顔のたるみ|老けた印象とはオサラバしよう

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

肌を引き上げて若々しく

カウンセリング

糸でしっかりリフトアップ

美容外科における一般的なたるみケアは、糸で皮下組織を縫い留めて行います。下垂した筋肉や繊維を引き上げて、たるんだ肌を解消します。それと同時に、小じわも克服できます。美容外科でもっとも強力なたるみケアは、皮下組織に特殊な糸を埋め込んでリフトアップを図る方法です。この手術は、肌の奥深くで糸同士を絡ませたり、ネット状に組んで強力に引き上げます。そのため、持続力が高いたるみケアとして知られています。また、手術中は局所麻酔を施すので、痛みを感じません。このケアで使用する糸は、医師が患者の肌の状態や要望に合わせて適切なものを選択します。たとえば、強度のたるみを生じている場合は、毛羽立ちのある糸を推奨しています。このタイプの糸は、毛羽に皮下組織がからみつきやすい特徴があります。その作用を利用して、しっかりと肌を引き上げます。また、スプリングスレッドと呼ばれる糸は、手術後の痛みが少ない利点を有しています。そのうえ、手術直後からメイクや洗顔ができるので、普段通りの生活を送ることができます。

アレルギーに注意します

皮下組織に糸を埋め込んで引き上げる方法のたるみ手術には、注意点があります。それは、アレルギー反応です。リフトアップに使用する糸には、プラチナや金から生成しているタイプがあります。これらの金属は、細胞を活性化させて、肌を内側から元気にする効果を有します。しかし、体質によっては、プラチナや金に対してアレルギー反応を起こす場合があります。ゆえに、プラチナや金の糸を希望する患者に対しては、美容外科の医師がアレルギーテストを行って安全性を確保しています。リストアップ用の糸の中で、もっともアレルギー反応を起こしにくい種類は、セルフファイバーです。これは、美容外科業界の最先端技術で、患者自身の皮下組織を培養して生成します。そのため、アレルギー反応はもちろん、腫れや赤みなどのダウンタイムが生じにくい特性があります。また、切らずにたるみを解消したい人には、アクアミドやコラーゲン注射があります。このケアは、目じりなどの小さな部分のたるみの克服に適しています。